国宝 犬山城

ようやく暖かく春めいてきました。
先週末に犬山市の国宝犬山城を訪れてきました。
木曽川沿いからは、何度も眺めていましたが登城したのは初めてでした。


1537年に建てられ天守は、現存する日本最古の様式で織田信康によって築かれその後、秀吉も入城し尾張徳川家の
成瀬正成が拝領し幕末まで城主でした。
明治の廃藩置県で愛知県の所有となりましたが濃尾大地震の修理を条件に成瀬家に譲与され成瀬家と犬山町民により
修復され全国唯一の個人所有の城として保存されてきました。



中の階段は、4階まで急な狭い階段で登らなければなりません
コンクリートの城と違って木造は、趣があります。



天守閣からの眺め 遠くに小牧城跡が見えます。


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル
エヌベント 1

アクアルーチェ1

アクアルーチェ2

有限会社ライル
〒939-1812 富山県南砺市蓑谷710
TEL:0763-62-0527
FAX:0763-62-0528

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:106 最後に更新した日:2018/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode