地熱発電

朝晩は、すっかり秋模様となりましたがデング熱が発症するなど間違いなく平均気温が上がっていますね
広島を襲った集中豪雨の被害者の方々には、ご冥福を祈り早期の復旧をお願うばかりです。
福島の原発事故以来太陽光発電に代表されるように代替自然エネルギーが全国で展開されています。
この地でも地熱発電の理解促進をする委員会が発足し奇しくもメンバーとなりました。
地熱発電には、おもに2通りありますが井戸の深さが1500〜3000メートルの地熱フラッシュ発電と温泉を利用した
温泉バイナリー発電があります。

講義での富山大学の上田教授(右)とコロラド鉱山大学の中川准教授(中央)






今回は、温泉バイナリー発電の理解と促進の会です。
大きな電力発電の地熱フラッシュも大切ですが、投資金額、選定場所とうのハードルがあり温泉熱を利用して
発電、野菜栽培、養殖、暖房等に利用できる地産地消が出来ないかということです。
温泉熱を利用した熱による地産地消によるコンパクトな地域社会を作れれば過疎対策などにも有効じゃないかと
思いますがどうでしょうか


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル
エヌベント 1

アクアルーチェ1

アクアルーチェ2

有限会社ライル
〒939-1812 富山県南砺市蓑谷710
TEL:0763-62-0527
FAX:0763-62-0528

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:106 最後に更新した日:2018/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode