簡易見積り確認項目表

こちら北陸では、昨日も冬を思わせる気候でしたが桜がようやく見ごろとなりました。
さて弊社商品の採用を検討いただく際にご希望を伺ったり見積もりをさせていただく必要事項の
確認を簡単にさせていただける確認シートを作成いたしましたのでご気軽にご利用ください。


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



北陸新幹線開業

昨3月14日に地元待望の北陸新幹線が開業しました。
下の画像は、東京ー富山のキャンペーンソングの「北陸ロマン」を歌う谷村新二さんがテープカットに加わられたショットです。



金沢、富山、高岡など各地で新幹線歓迎のセレモニーが催され祝賀一色でした。
さて地元にとっては、待望の新幹線開業ですが日本国土的に見ますと観光は、もとより地震災害のリスクヘッジと
いう観点から工場移転やコールセンター開設など当たり前ですが人、モノ、金の流れが大きく変わり打としています。
弊社のある富山は、美味しい魚介類はもちろん黒部アルペンルートや金沢、和倉など観光地も多く是非観光と共に
工場の見学にいらしてください、お持ちしています。


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



地熱発電パネルディスカッション

まだまだ寒い雪模様の週です。
先週の土曜日に昨年から研修や視察を重ねている「南砺市桜が池 地熱開発理解促進委員会」の
パネルディスカッションがじょうはな座(南砺市城端)で行われました。
パネラーには、富山大学の上田教授がコーディネーターを務め 資源エネルギー庁燃料政策企画室岡本室長、
南砺市 田中市長、富山国際大学の上坂教授、委員長の山辺県議他が参加されました。



各パネラーからは、これからはふるさと創生と相まって地域のエネルギーはもちろん地域自体が主体的に
地域を運営していくことの重要性が話し合いされました。


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



富山のPR

まだまだ寒く今日は、全国的に雪ということでかなりの影響が出ている模様ですね
また、ISの問題も早く良い方向で解決を望みます。

さて北陸新幹線も3月14日開業ということで北陸は盛り上がっています。
ここ富山でも盛り上げようと昨年10月に富山湾鮨の切手が1200セット販売されましたが
人気が高く増刷増刷となっています。

富山湾で獲れた新鮮な魚介類は、本当に美味しいです。

また、富山湾は「世界で最も美しい港クラブ」への加入もなり立山連峰をバックに風光明媚です。


東京から富山まで2時間8分となりかなり利便性が増します。
是非、金沢、能登も含め風光明媚な景色と美味しい魚を温泉に入りながら堪能しに来てくださ。


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



地熱発電視察第2段

肌寒い日が続きますが、大相撲では白鵬が大鵬の優勝32回記録に手が届きそうですし
ゴルフでは、松山英樹がダンロップオープンで首位に立ってて寒さを吹き飛ばしてくれています。
先週、地熱発電の現地視察で九州に行ってきました。

上は、国内最大発電量の九州電力の八丁原発電所の冷却塔です。
下は、バイナリー発電の冷却された熱水を地下に戻す際に付着したシリカの見本です。
まるで動脈硬化みたいで定期的に除去が必要とのことです。



また、別府では、(株)瀬戸内自然エネルギーという会社が民間で初めて温泉発電を始められています。


自然エネルギーによる発電にはなかなか課題も多いようですが真剣にすすめなければならないですね
 


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



地熱発電

朝晩は、すっかり秋模様となりましたがデング熱が発症するなど間違いなく平均気温が上がっていますね
広島を襲った集中豪雨の被害者の方々には、ご冥福を祈り早期の復旧をお願うばかりです。
福島の原発事故以来太陽光発電に代表されるように代替自然エネルギーが全国で展開されています。
この地でも地熱発電の理解促進をする委員会が発足し奇しくもメンバーとなりました。
地熱発電には、おもに2通りありますが井戸の深さが1500〜3000メートルの地熱フラッシュ発電と温泉を利用した
温泉バイナリー発電があります。

講義での富山大学の上田教授(右)とコロラド鉱山大学の中川准教授(中央)






今回は、温泉バイナリー発電の理解と促進の会です。
大きな電力発電の地熱フラッシュも大切ですが、投資金額、選定場所とうのハードルがあり温泉熱を利用して
発電、野菜栽培、養殖、暖房等に利用できる地産地消が出来ないかということです。
温泉熱を利用した熱による地産地消によるコンパクトな地域社会を作れれば過疎対策などにも有効じゃないかと
思いますがどうでしょうか


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



北陸新幹線のフロントガラスに

夏休みに入って毎日暑い日が続きますね
そんな中来年春に開業予定の北陸新幹線の試験走行が金沢ー妙高高原間で8月5日より始まります。
その新型E系車両のフロントガラスに採用されているのが弊社のアクアルーチェを作っている工場から
出荷されたものです。



職人さんたちが1枚1枚ずつ技術の粋を集めて曲げられたものでその技術でアウカルーチェも作らせています。
型入成型では、得られない優美な曲線が出ているのはその技術があればこそです。


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



祭り

連休も終わりましたが、連休中の5日に例年の曳山祭りが行われました。
全国の曳山祭りがユネスコに申請されるとのことで県内でも高岡市、魚津市とともにわが町の祭りも
含まれるとのことで採用になるよう楽しみにしています。


上の画像は、曳山の中からでわが町内のご神像は、中国の三国志の関羽、周倉です。
当日は、生憎の小雨でしたが夜には、晴れてくれましたが寒かったです。



 


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



エシカル消費

連休の中日で、大雨のところもあるとのことですが、こちらはしっとりとした雨の日になりました。
街路の芝桜も綺麗に咲いています。    



この頃、エシカル消費ということが言われるようになりましたね。
ご存知のように倫理的消費ということは「環境や社会に配慮した製品やサービス
を選んで消費する」ことで購入することで社会に貢献することができる商品を
選択するということです。
安くて目先の使い捨ての消費に疑問を投げかけて購入自体での社会貢献に参加
しようということですね
そういう意味では、弊社のエヌベントも通風、断熱で電力消費を抑える省エネと
いうことと木製品ということで長く愛着を持って使って貰えるということで、
エシカル商品の仲間入りができてるのかなと思いますが、いかがでしょう

 


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル



国宝 犬山城

ようやく暖かく春めいてきました。
先週末に犬山市の国宝犬山城を訪れてきました。
木曽川沿いからは、何度も眺めていましたが登城したのは初めてでした。


1537年に建てられ天守は、現存する日本最古の様式で織田信康によって築かれその後、秀吉も入城し尾張徳川家の
成瀬正成が拝領し幕末まで城主でした。
明治の廃藩置県で愛知県の所有となりましたが濃尾大地震の修理を条件に成瀬家に譲与され成瀬家と犬山町民により
修復され全国唯一の個人所有の城として保存されてきました。



中の階段は、4階まで急な狭い階段で登らなければなりません
コンクリートの城と違って木造は、趣があります。



天守閣からの眺め 遠くに小牧城跡が見えます。


木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル




calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
木製可動ルーバーと国産ガラス洗面化粧台の有限会社ライル
エヌベント 1

アクアルーチェ1

アクアルーチェ2

有限会社ライル
〒939-1812 富山県南砺市蓑谷710
TEL:0763-62-0527
FAX:0763-62-0528

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:106 最後に更新した日:2018/05/08

search this site.

others

mobile

qrcode